水虫を治療するならラミシールを勧めます。クリームタイプや液体タイプなどの物があります。水虫の種類や症状によって使い分ける必要があります。ラミシールの使用方法について解説したいと思います。

  • ホーム
  • 白癬菌の繁殖を抑えるのに役立つラミシールやエフゲン

白癬菌の繁殖を抑えるのに役立つラミシールやエフゲン

皮膚の疾患にもいろいろな種類がありますが、特に水虫は多くの人が悩んでいる症状です。
水虫は白癬菌が繁殖することで起こる病気で、激しいかゆみが起きたり、足の裏の皮がむけるなどの症状が出ます。
そして悪化すると爪にまでおよび、改善が難しくなってしまいますし、他の人にうつる可能性もありますので、早めに対策をしておくことが大切です。
まずは、清潔を保つこと、通気性の良い靴や靴下を選ぶことも大切ですし、薬の利用も良い改善を得ることができます。
水虫の薬には様々な種類がありますが、ラミシールやエフゲンも人気の高い薬です。
エフゲンは液体タイプの薬となっており、白癬菌に対して抗菌作用のあるウンデシレ酸、さらに角質を柔らかくして浸透性を高めるのに役立つサリチル酸も配合されています。
白癬菌を退治することはもちろん、角質層の奥深くにひそむ白癬菌もはがしとることができますので高い効果が得られるとされています。

こちらはドラッグストアや通販で購入できる薬です。
そしてラミシールも水虫治療でよく利用されている薬です。
ラシミールは主成分をテルビナフィン塩酸塩としており、こちらは真菌の細胞膜を破壊するのに役立っています。
薬のタイプは様々なものがあり、クリームタイプや液体タイプは直接皮膚に塗って利用しますし、飲むタイプは爪水虫や角質層の厚いかかと水虫などの治療に役立てられています。
医療機関でも処方されていますが、塗り薬タイプはドラッグストアでも購入可能です。
飲むタイプは市販されていませんので、皮膚科などの医療機関で処方してもらいましょう。
水虫は治ったと感じても再発しやすい傾向にありますので、エフゲンやラシミールで治療を行う際も根気よく続けていくことが大切です。

関連記事