水虫を治療するならラミシールを勧めます。クリームタイプや液体タイプなどの物があります。水虫の種類や症状によって使い分ける必要があります。ラミシールの使用方法について解説したいと思います。

  • ホーム
  • ラミシールには錠剤タイプもあります

ラミシールには錠剤タイプもあります

塗り薬をつけている女性

近所のドラッグストアや薬局などで見かけることの多い水虫薬のラミシールは、テルビナフィンを有効成分にしたアリルアミン系抗真菌薬で、元は病院で処方されていた医薬品です。
真菌が生きていくうえで必要な細胞膜を構成するエポキシターゼと呼ばれる酵素を阻害することで、生育を抑えて殺菌的な抗真菌作用を示します。

真菌というカビの仲間でカンジダ症などの症状にも効果がありますが、特に水虫の原因となる白癬菌に高い抗真菌作用を示すため水虫薬として利用されているようです。
塗り薬であるクリームや液剤、スプレーなどは皮膚に直接塗ることで、表皮の下に侵入した真菌を退治しますが、全身に作用することはなく大きな副作用を起こすリスクがありません。
そのため、2002年にスイッチOTCとして市販され、水虫に悩む多くの人がラミシールを入手しやすくなっています。
しかし、ラミシールには塗り薬として利用する以外にも、経口薬として体内に投与することで感染した細胞に効果的な抗真菌作用を示すこともできます。
つまり、飲み薬としての利用もできるようになっていて、外用薬では効果の薄い爪水虫などの治療に錠剤タイプを用いるようになっています。

ちなみにラミシールの錠剤タイプは、投与することで血液中に溶け出して作用するという点から副作用のリスクが生じ、クリームタイプのように第二類医薬品には分類されず、医師が処方した場合にみ扱われる医療用医薬品に分類されます。
ドラッグストアなどでは販売されておらず、使用するには皮膚科で診察を受け、飲み薬が必要であると判断された場合にのみ処方される薬となります。
現在はインターネットを介して、海外からのネット通販で入手することも可能ですが、病院を通さずに購入するので、自己責任のうえに使用するという点だけは忘れないようにしましょう。

関連記事